【シンケンジャー】相葉裕樹のシンケンブルーの演技力が高い!監督からも絶賛の評価だった

相葉裕樹
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

主に舞台俳優として活躍し、出演作品が話題になっている相葉 裕樹(あいば ひろき)さん。

そんな相葉裕樹さんは『シンケンジャー』に出演していましたが、その演技力が高いと話題になっています。

また、相葉裕樹の演技は監督からも絶賛の評価だったことが明らかになっているので詳しく調べてみました。

この記事では、相葉裕樹さんの演技力や評価についてまとめています。

【シンケンジャー】相葉裕樹はシンケンブルー!

相葉裕樹

2009年に放送された戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』に出演していた、俳優の相葉裕樹さん。

『侍戦隊シンケンジャー』は松坂桃李さんが主役を演じていた作品で、相葉裕樹さんはシンケンブルー / 池波流ノ介役で出演していました。

この作品は和をモチーフにしているところが特徴的で、相葉裕樹さんは物語のなかではサブリーダーのような存在。

かなり真面目で正義感のある役柄を演じていました。

相葉裕樹さんは2003年からレッスンを受けるようになり、当時はダンスユニットのメンバーとして活躍。

いわゆるストリートライブを行っていたこともあり、とても人気のあるユニットでした。

残念ながらそのユニットは解散してしまったものの、相葉裕樹さんは2004年に第16回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに参加。

このとき審査員特別賞を受賞したことがきっかけとなり、芸能界で活躍するように。

当時、相葉裕樹さんはわずか17歳でしたが、芸能界で活躍することに加えてミュージカル『テニスの王子様』にも出演が決定。

さらには、モデル活動もしていたようです。

学校では心無いことを言われたこともあったそうですが、芸能界で活躍することがとてもプラスの活動になったそうです。

戦隊ものの作品は、若手俳優の登竜門とも言われる作品ですよね。

では、当時の相葉裕樹さんの演技の評価はどうだったのでしょうか。

【シンケンジャー】相葉裕樹のシンケンブルーは監督からも絶賛

相葉裕樹

相葉裕樹さんは芸能界に入ってから約5年後に、『シンケンジャー』に出演。

戦隊ものの作品は若手俳優の登竜門とも言われていて、芸能界で活躍するようになってすぐに出演する人もいます。

なかには最初から演技が上手い人もいますが、相葉裕樹さんもまさにそのタイプ!

すでにドラマや舞台で活躍していることもあり、

「難しい流ノ介を出来るのは彼しかいない」

「真面目でも天然になおかつ全力でボケる」

「役柄の性格をきっちり捉えてくれた演技が絶妙だった」

このように監督からも大絶賛でした。

【シンケンジャー】相葉裕樹のシンケンブルーについてネットの声

相葉裕樹

『シンケンジャー』にてシンケンブルーを演じた、相葉裕樹さんの演技についてネットの意見を調べてみました。

相葉裕樹さんのシンケンブルーはかなり高評価であることがわかりました。

元々ドラマや舞台での経験があったこともあり、演技についてはかなり評価が高いですよね。

また相葉裕樹さんの現在の活動については、こちらの記事をチェックしてみてください。

まとめ

相葉裕樹さんの演技力の高さについて、まとめました。

ほぼデビュー作品となった『シンケンジャー』の演技が、高評価というのはすごいですよね。

難しい役柄だったかと思いますが、しっかりと特徴を捉えて演じていた相葉裕樹さん。

今後の活躍にも注目したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事