ライダー俳優

【ドンブラザーズ】柊太朗のイヌブラザーへの変身シーンが衝撃的!ミスマッチぶりがヤバかった!

柊太朗 イヌブラザー

『ドンブラザーズ』に出演している、俳優の柊太朗(とうたろう)さん。

そんな柊太朗さんが演じるイヌブラザーの変身シーンが、衝撃的と話題に。

ミスマッチとも言われていますが、その噂は本当なのでしょうか。

この記事では、柊太朗さん演じるイヌブラザーの変身シーンについてまとめています。

【ドンブラザーズ】柊太朗のイヌブラザーへの変身シーンが衝撃的!

柊太朗

『ドンブラザーズ』のイヌブラザーの変身シーンが、話題となっています。

まず、『ドンブラザーズ』のモチーフは桃太郎。

イヌブラザーは名前の通り、犬に変身する設定となっています。

イヌブラザーを演じている、俳優の柊太朗(とうたろう)さん。

今回『ドンブラザーズ』に出演するにあたり、オーディションを受け見事合格となりました。

柊太朗さん本人もイケメンで、親子でファンの人も多いかとも思います。

しかし、そんな柊太朗さんの変身シーンが衝撃的と話題に!

実際の変身シーンがこちら。

また、変身シーンの他にも役柄が指名手配犯というあまり見慣れない設定。

戦隊ものと言えば、「〇〇ジャー」と付くのが定番ですよね。

今回10年ぶりに「〇〇ジャー」が付かない作品となっているので、設定もやや特殊なのかもしれません。

のちに詳しくご紹介しますが、5人のシルエットの差もこれまでなかった展開。

ドンブラザーズ

変身シーンまで戦隊ものとはイメージしにくい設定というのも、新たな挑戦なのではないでしょうか。

【ドンブラザーズ】柊太朗のイヌブラザーへの変身がミスマッチ!

イヌブラザー

この作品は桃太郎をモチーフとしているので、5人の戦士も桃太郎に登場する動物がモチーフとなっています。

今回話題になっているのが、柊太朗さんが演じているイヌブラザー。

先ほど変身シーンが衝撃的でしたが、実は変身後の姿もミスマッチと言われ散ます。

イヌブラザーの身長は、なんと100cm。

俊敏さと小柄な体型を生かし、スピードを武器としています。

実際に演じている柊太朗さんは、身長183cm。

そのため、イヌブラザーとは約100cmも差があることになります。

これまでの戦隊ものでは、見ることがない光景ですよね。

柊太朗さん本人もこのようにコメントしていました。

「何も知らずに受けたので人を想像していた」

「犬がモチーフのものを想像していたら本当の犬だった」

しかし、小さくて可愛いので人気があるかと思います。

戦隊ものは親子で見る家庭も多いので、特に母親の世代はファンになるのではないでしょうか。

【ドンブラザーズ】柊太朗のイヌブラザーのネットの評判は?

イヌブラザー

『ドンブラザーズ』に登場するイヌブラザーの評判を調べてみました。

イヌブラザーも、演じている柊太朗さんもとても評価が高いと思います。

戦隊ものとしての設定も、これまでにない設定ですが好評のようですね。

また、柊太朗さんはミュージカル『テニスの王子様』に出演経験がある俳優。

その当時から知っている人も、『ドンブラザーズ』で知った人もどちらもファンが増える作品となっているかと思います。

まとめ

『ドンブラザーズ』のイヌブラザーについて、まとめてみました。

演じているのは柊太朗さんという俳優ですが、俳優としての経験があり演技の評価は高いことがわかりました。

また、イヌブラザーの変身シーンがミスマッチや衝撃的と噂されているものの、これまでにない展開で話題に。

シルエットも可愛いという意見があるので、今後人気が出るのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。