イケメン

神尾楓珠は韓国人ハーフってホント?本名や気になるプロフィールまとめ

神尾楓珠

国宝級イケメンと言われている、神尾楓珠(かみお ふうじゅ)さん。

2022年には、映画やドラマへの出演が決まっていて注目されている俳優の1人です。

そんな神尾楓珠さんは、韓国人ハーフと噂されていることがわかりました。

果たして、その噂は本当なのでしょうか。

今回は、神尾楓珠さんの本名やプロフィールについても徹底調査しました。

この記事では、

  • 神尾楓珠が韓国人ハーフという噂の真相
  • 神尾楓珠の本名やプロフィール

こちらについて、まとめています。

神尾楓珠は韓国人ハーフ?

神尾楓珠

神尾楓珠さんは、顔立ちが整っていてとてもイケメンですよね。

そのはっきりした顔立ちから、韓国ハーフの噂があります。

しかし、結論からお伝えすると神尾楓珠さんは、韓国とハーフではありません。

両親も日本人のため、純粋な日本人です。

また、神尾楓珠さんは東京都江戸川区出身。

これらのことから、日本人であると考えて良いかと思います。

では、なぜ神尾楓珠さんは韓国ハーフと噂されたのでしょうか。

その理由は2つあることが判明しました。

  1. BTSのV(テテ)に似ている
  2. 名前が珍しいため

ここからは、詳しくご紹介したいと思います。

①BTSのV(テテ)に似ている!?

神尾楓珠さんが韓国ハーフと噂された理由1つ目は、BTSのV(テテ)さんに似ているためでした。

SNSでもかなり似ていると話題となっています。

確かに顔立ちがはっきりしている部分がそっくりですよね。

はっきりした顔立ちとVさんに似ていることから、神尾楓珠さんはハーフと噂された可能性が高いです。

②名前が珍しいためハーフの噂に!

神尾楓珠

神尾楓珠さんは、芸名のようにやや変わった名前ですよね。

しかし、神尾楓珠という名前は本名であることがわかっています。

  • 日本人にはあまりない名前ということ
  • 顔立ちがはっきりしていて韓国人のように見えること

顔立ちもはっきりしていて、なおかつ整っているのでよりハーフに見えますよね。

ちなみに名前の由来は、特になく後から理由が付けられたそうです。

  • 楓のように成長してほしい
  • 真珠のような光輝く人になってほしい

とても素敵な思いが込められた名前ですよね。

神尾楓珠のプロフィールまとめ

神尾楓珠

ここからは、神尾楓珠さんのプロフィールについてご紹介します。

プロフィール

名前:神尾楓珠(かみお ふうじゅ)

生年月日:1999年1月21日

出身地:東京都

身長:174cm

職業:俳優

所属事務所:A-team

神尾楓珠さんは、小学校と中学校は地元にある江戸川区の学校に通学していた可能性が高いです。

ただ、調査してみたものの詳しい学校名については不明でした。

中学校を卒業し、私立修徳高等学校に進学。

こちらの学校は、サッカーの強豪校としてとても有名な学校です。

神尾楓珠さんも小学校からサッカーを始めていたため、Jリーガーになることを夢見てこちらの高校に入学しました。

しかし、やはり強豪校ということもあり周りのレベルはとても高く、サッカーの夢を断念。

高校2年生になると俳優の道を目指すようになった、神尾楓珠さん。

高校2年生のときに、日出高校の通信課程の芸能コースに入学しました。

伊藤英明に憧れ芸能界へ

神尾楓珠

元々、日出高校に編入するまで俳優には興味のなかった神尾楓珠さん。

中学校時代に芸能関係者からスカウトされるものの、断っていたそうです。

そんな神尾楓珠さんが芸能界に興味を持ったきっかけが、伊藤英明さん。

映画『海猿』の伊藤英明さんに憧れ、現在の事務所のオーディションを受けました。

そのオーディションに見事合格。

約半年間事務所でレッスンを受けたのち、高校2年生のときにドラマデビューを飾りました。

2016年には、ミュージックビデオに出演。

2018年からはドラマで活躍するようになった、神尾楓珠さん。

2019年に放送されたドラマ『3年A組』で注目されるようになり、その後出演作も増えるように。

また、出演した作品は日本のみではなく韓国でも注目されるようになりました。

現在も人気も知名度も、かなり上がっている神尾楓珠さん。

今後の活躍にも注目したいと思います。

まとめ

神尾楓珠さんの韓国ハーフという噂について、まとめました。

やや日本人離れした顔立ちと、少し変わった名前から韓国ハーフと噂になったようですね。

またBTSのメンバーにも似ていることから、より韓国ハーフの噂が広まるように。

ただ、出身地は東京都なので純粋な日本人と考えて良いかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。