イケメン

加藤清史郎の子役時代が可愛すぎ!出演作ごとに幼少期の画像をまとめてみた!

こども店長として子役時代に大活躍していた加藤清史郎さん

すっかり大人になってメディアに出てきた時には誰かわからずビックリしました!

加藤清史郎さんの子役時代をご存知の方も多いと思いますが、改めて、可愛すぎる加藤清史郎さんの子役時代の画像を出演作品ごとにまとめてご紹介したいと思います!

加藤清史郎の子役時代が可愛すぎ!

まず始めに、加藤清史郎さんのプロフィールや経歴をご紹介します!

加藤清史郎のプロフィール

名前:加藤清史郎
出身地:神奈川県
生年月日:2001年8月4日
年齢:21歳(2022年9月現在)
血液型:A
身長:163cm
特技:歌、ジャズダンス、アクション、水泳、スキー、スノーボーディング
趣味:野球
所属事務所:研音

加藤清史郎さんは生後2ヶ月で劇団ひまわりに所属し、1歳1ヶ月の時にTBS『皇室特番』の再現VTRで皇太子様の乳児期役として出演しデビューを飾りました。

1歳1ヶ月ということで、芸歴はほぼ年齢一緒ですね!

3歳からは劇団ひまわりの幼稚部レッスンに通って演技の勉強を開始します。

その後、2009年1月から放送されたNHK大河ドラマ『天地人』で、主人公・直江兼続の幼少時代を演じて大ブレイクを果たします!

この時わずか7歳でしたが、「わしはこんなとこ、来とうはなかった」と阿部寛さん演じる上杉謙信に言い放つシーンはとても印象的で、今でも覚えている人は多いのではないでしょうか。

加藤清史郎さんの出演終了後には、視聴者からNHKに「演技が上手い」「あの子は誰?」という問い合わせが多く寄せられ、異例の再登場を果たしています!

ドラマ出演を機に加藤清史郎さん人気は凄まじく、2009年4月から放送されたトヨタ自動車のCM『こども店長』シリーズでも可愛いと大好評でした!

なんと、2009年9月にはNHK『みんなのうた』の中で披露された演歌『かつおぶしだよ人生は』で歌手デビュー、同年10月には書籍『こども役者 加藤清史郎のきもち』で作家デビューまでも果たしています!

2011年には映画『忍たま乱太郎』で初主演に抜擢されるなど、その後も順風満帆な子役時代を過ごしてきましが、成長期を迎えた頃にはこのまま俳優として進んでもいいのかという迷いがあったそうです。

また、留学をして英語を身につけたいとも考えるようになっていたとのこと。

2015年2月の当時14歳の時に出演した六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』で、共演した市川海老蔵さんからの言葉がきっかけで俳優としての道に進むことを決意します!

引用:https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-11983490842.html

中学卒業後には、語学習得のために兼ねてから希望していたイギリス・ロンドンへ留学し、高校3年間を全寮制の学校で過ごしました。

その間は俳優業を一時休業し、帰国前には劇団ひまわりとの契約を終了。

2020年からは研音へと所属し、イギリス留学から帰国後の2020年4月からは大学へ進学し俳優業も再スタート!

ちなみに、加藤清史郎さんが進学した大学は青山学院大学の文学部ではないかとの噂が浮上しているようです!

俳優業を再スタートさせてからすぐに、2020年7月に公開された『#ハンド全力』で主演を務めるなど、舞台や映画やドラマに引っ張りだことなっています!

3年間の留学時代は一度もホームシックになることなく、楽しい日々を過ごされたそうです。

小さい頃から活躍し超売れっ子だったので、留学を通してリフレッシュできたのかもしれませんね。

加藤清史郎さんの子役時代は可愛すぎるのはもちろんですが、演技も素晴らしかったです!

現在はすっかり大人のイケメン俳優へと成長しましたね!

子役時代から現在までの顔の変化についてはこちらに詳しくまとめています!

【画像】加藤清史郎は痩せすぎて劣化した!?顔の変化について過去から現在までを比較検証 可愛い子役時代から驚く程の成長ぶりで、イケメン若手俳優に成長した加藤清史郎さん! ですが、一部では加藤清史郎さんは「痩せすぎ!」...

加藤清史郎の幼少期の出演作ごとに画像まとめ

1歳1か月の時にはすでにデビューしていたという加藤清史郎さん。

子役時代にはどのような作品に出演していたのか、幼少期の出演作品ごとにまとめてみました!

2003年(当時2歳)

2003年の当時2歳では、7月から放送されたドラマ『ぼくの魔法使い』の最終話や10月から放送されたドラマ『マンハッタンラブストーリー』に出演していました。

上記の画像はドラマ『マンハッタンラブストーリー』での一幕ですが、ニコニコ笑顔が可愛すぎます!

2006年(当時5歳)

2006年の当時5歳では、2006年4月からスタートしたNHK教育の『からだであそぼ』に1年間レギュラー出演していました。

まだまだ幼くて、ぷっくりした感じがまた可愛いですね!

2007年(当時6歳)

2007年の当時6歳では、2007年1月から放送された大河ドラマ『風林火山』に武田太郎(のちの義信) 役として出演しています。

ちょんまげ姿がなんとも可愛らしいですね!

この頃から、映画の日本語吹き替えにも挑戦し始めます。

2009年(当時8歳)

2009年の当時8歳の時には、2009年1月から放送された大河ドラマ『天地人』に 樋口与六(直江兼続の幼少期)/直江竹松 役で出演し、大ブレイクを果たします!

引用:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009072012_00000

「わしはこんなとこ、来とうはなかった」と言い放つシーンや「与六は母の子じゃ。どこにもいかぬ!嫌じゃー!」と泣きじゃくるシーンは、「天才的な演技!」「演技が上手すぎる!」と視聴者からは大絶賛でした!

2009年7月から放送されたドラマ『任侠ヘルパー』では羽鳥涼太 役で草彅剛さんと共演し、草彅剛さんにほっぺをつままれるシーンが印象的でしたね。

また、2009年8月25日に放送された『ほんとにあった怖い話「かかし」』では、 かかしに連れて行かれる主演の男の子を演じています。

改めて見ると、近付いてくるかかしが怖すぎますよね!

間一髪で免れたものの、どこへ連れて行くつもりだったのでしょうか。ゾッとします。

加藤清史郎さんの2009年の活動は凄まじく、ドラマだけでも計7本に映画1本、さらには演歌『かつおぶしだよ人生は』で歌手デビューをしたことで、いくつもの歌番組にも出演していました。

そして忘れてならないのが、トヨタ自動車のCM『こども店長』です!

可愛すぎて、シリーズ化もされて大ヒットでした!

2009年は加藤清史郎さんブームがすごかったですね!

2011年(10歳)

2011年の当時10歳の時には、2011年7月に公開された劇場版『忍たま乱太郎』で 主演・猪名寺乱太郎 役に抜擢され、映画初主演を果たしています。

丸メガネがよく似合っていて乱太郎そのまんまですね!

また、2011年4月から公演された舞台『レ・ミゼラブル』では、ガブローシュ 役を演じ舞台デビューを飾りました。

舞台『レ・ミゼラブル』で演技指導を受ける際に通訳を介して指導を受けていたことから、「自分で英語を理解してコミュニケーションをとれたらもっと役どころをもっと深められるかもしれない」と思ったことがきっかけで、留学を考えるようになったそうです。

小学4年生の時にはすでにイギリス留学を考えていたなんて、さすがですね!

2014年(当時13歳)

2014年の当時13歳では、CM『カップスープで温朝食』シリーズが始まりました。

また、2014年8月25日に放送されたテレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画『遠い約束~星になった子どもたち~』では、満州の難民収容所でけなげに生きる子供・佐竹三郎 役を演じています。

中学1年生ということで、身長もすっかり伸びて一気に成長したように感じます!

2016年(当時15歳)

2016年当時15歳では、2016年3月から放送されたNHKドラマ『精霊の守り人』を筆頭に、3本のドラマに連続出演していました。

引用:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009072012_00000

2016年4月から放送されたドラマ『OUR HOUSE』では寺田心くんと共演していたことを知り驚きでしたが、それほど加藤清史郎さんも成長したということですね!

他にも、2015年の第1シリーズから出演している映画『暗殺教室』の映画『暗殺教室〜卒業編〜』にも引き続き堀部糸成(イトナ) 役で出演していました。

また、舞台やCMにも出演しており、留学へ行くギリギリまで様々な作品に出演していたようです!

子役時代から超売れっ子俳優だったことがわかりますね!

まとめ

以上、可愛すぎる加藤清史郎さんの子役時代の画像を出演作品ごとにまとめてご紹介しました!

子役時代の加藤清史郎さんは演技も可愛さも抜群でした!

超売れっ子になる理由もわかりますよね!

大人になった加藤清史郎さんの今後の更なる成長も楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。