相馬圭祐のシンケンゴールドは三枚目キャラ!オーバーアクションがおもしろすぎ!

相馬圭祐 (
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2009年に放送された『侍戦隊シンケンジャー』に出演経験のある、俳優の相馬圭祐(そうま けいすけ)さん。

相馬圭祐さんは作品内で、シンケンゴールドを演じていましたがそのキャラが三枚目と話題になっています。

戦隊ものとなるとクールな印象ですが、相馬圭祐さん演じたキャラクターはかなりのオーバーリアクションが注目ポイントに。

果たして相馬圭祐さんは、どんなキャラクターを演じていたのでしょうか。

この記事では、相馬圭祐さんが演じていたシンケンゴールドについてまとめています。

相馬圭祐のシンケンゴールドは三枚目キャラ!

相馬圭祐 (

相馬圭祐さんは2009年に放送された『侍戦隊シンケンジャー』に出演。

このとき、梅盛源太(うめもり げんた)/シンケンゴールドを演じ注目されるようになりました。

相馬圭祐さんにとって、この作品は初のレギュラー出演になった作品。

梅盛源太は第十七幕から登場し、6人目のシンケンジャーとして活躍しました。

キャラクターの特徴は、寿司職人というこれまでになかった斬新な設定。

さらにお調子者で目立ちたがり屋という、かなり癖のある役柄となっていました。

ちなみに第十七幕に登場したときは、『宇宙刑事ギャバン』の蒸着プロセスを意識。

テレビを見ているお子さんにも理解を深めてもらうために、リプレイした映像を流したり残像を駆使したり放送にもところどころポイントがありました。

また、梅盛源太のお調子者感を出すために、ときには木の上から落ちることも。

いわゆる三枚目キャラのような設定に、不思議とハマってしまった人が続出していました。

相馬圭祐のシンケンゴールドはオーバーアクションがおもしろすぎ!

相馬圭祐

相馬圭祐さんが演じる梅盛源太の特徴は、何といってもオーバーなアクション。

見た目はとてもイケメンですが、話したりするとかなり行動がオーバーで気になる人も多かったのではないでしょうか。

特に多くの人の印象に残ったのがこちら。

手に持っているお手元をまるで手裏剣のように投げ、漫画のような「待て!待て!待てーい!!」というアクションが気になりますよね。

語尾もやや江戸っ子のような口調であり、印象に残るかと思います。

かなり派手で目立ちたがりという性格は、松坂桃李さん演じる志葉 丈瑠(しば たける)とは真逆の性格。

2人の性格の違いをはっきりさせるためにも、こういったキャラクターになったのかもしれませんね。

相馬圭祐のシンケンゴールドについてネットの評判

相馬圭祐

相馬圭祐さんが演じたシンケンゴールドの評価について、ネットの意見を調べてみました。

こうしてみると、やはり面白いという意見が多くこれまでになかった設定もかなり高評価ということがわかりました。

ちなみに相馬圭祐さんの2023年現在の活動については、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

まとめ

相馬圭祐さんが演じたシンケンゴールドについてまとめました。

いわゆる三枚目キャラであり、なおかつ寿司屋というこれまでになかった設定ですよね。

しかし、この設定こそが多くの人の印象に残るような作品となり、評価の高いものとなったのではないでしょうか。

今後の活躍にも注目したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA