戦隊俳優

高橋光臣はボウケンジャーでドラマ初主演!芸能界に入ったきっかけやプロフィールをまとめてみた

高橋光臣

ドラマでも活躍していて、多くの世代から人気のある俳優の高橋光臣(たかはし みつおみ)さん。

そんな高橋光臣さんは、ボウケンジャーでドラマ初主演となっていたことがわかりました。

高橋光臣さんは、どんなきっかけで芸能界に入ったのでしょうか。

この記事では、高橋光臣さんのプロフィールについてまとめています。

高橋光臣のプロフィールまとめ

高橋光臣
プロフィール

名前:高橋 光臣(たかはし みつおみ)

生年月日:1982年3月10日

年齢:40歳(2022年時点)

出身地:大阪府

身長:176cm

ジャンル:テレビドラマ/映画/舞台

活動期間:2005年-

事務所:スターダストプロモーション

高橋光臣さんは中学生の時にラグビーを始め、大学に進学してもなおラグビーを続けていました。

出身高校は啓光学園高校で、当時はラグビー部の練習がかなり大変だったようですね。

そして高校卒業後には、ラグビーの推薦入試を受けて東洋大学に進学したことがわかりました。

ただ、大学時代もラグビー部に入部したものの高校時代と比較するとあまり打ち込めていなかったようです。

そんなこともあり、この先ラグビーを続けるかどうか悩んだときに見た作品が、映画『ラスト サムライ』。

この作品を見て、渡辺謙さんの演技に感動し俳優に興味を持つようになった高橋光臣さん。

その後、俳優を育てる事務所として有名なテアトルアカデミー直系の事務所に所属。

2005年にドラマ『WATER BOYS 2005夏』に出演し、見事俳優としてデビュー。

当時は、俳優1本で生活していたわけではなく、飲食店などのアルバイトと並行して生活していたそうです。

2006年には、『轟轟戦隊ボウケンジャー』に出演。

この作品では明石暁/ボウケンレッド役として出演していました。

『轟轟戦隊ボウケンジャー』に出演以降も多くの作品で活躍するように。

  • 2007年:ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』
  • 2008年:ドラマ 『幻影〜ゲンヱイ〜』
  • 2010年:ドラマ『龍馬伝』
  • 2010年~2013年:『科捜研の女』シリーズ
  • 2012年:ドラマ『梅ちゃん先生』

2008年には、女優の宮下ともみさんと結婚。

2018年と2020年に、男の子が1人ずつ誕生しています。

高橋光臣はボウケンジャーでドラマ初主演!

高橋光臣

先ほども少しご紹介しましたが、高橋光臣さんが有名になったきっかけは2006年に出演した『轟轟戦隊ボウケンジャー』。

こちらの作品では、明石暁/ボウケンレッドとして出演していました。

『轟轟戦隊ボウケンジャー』は、スーパー戦隊シリーズ第30作の記念戦隊。

冒険がテーマとなっていて、トレジャーハンティングがモチーフになっている作品です。

地球に眠る宝を巡って、正義と悪の争奪戦を描ところが注目ポイント。

また、戦隊ものと言えば敵と戦うイメージが大きいですが、こちらの作品はあくまでも地球に眠る宝を守るというもの。

30作品目ということもあり、これまでの戦隊シリーズとやや違った見方が出来ることが特徴となっていました。

高橋光臣さんは、こちらの作品がなんとドラマ初主演。

当時は演技の経験も少なかったこと、役柄がチーフというメンバーを引っ張る役柄だったこともありかなりプレッシャーもあったそうです。

戦隊ものと聞くと、若手俳優の登竜門と言うイメージですよね。

しかし、高橋光臣さんの場合は『ボウケンジャー』の放送終了後、あまり仕事が増えず悩んでいた時期がありました。

そこで高橋光臣さんは、『ボウケンジャー』で知り合いになったジャパンアクションエンタープライズの人に相談。

アルバイトと俳優業を続けていくなかで、ドラマ『梅ちゃん先生』のオーディションを受け見事出演。

高橋光臣さんは自らの力で、知名度を上げていったのではないでしょうか。

高橋光臣のボウケンジャーについてネットの評判

高橋光臣

高橋光臣さんのボウケンジャーについて、ネットの意見を調べてみました。

やはり何年経っても、ボウケンジャーの印象が強い人が多いようですね。

ちなみに、高橋光臣さんは宮下ともみさんと結婚していますがどんな人なのか気になる人も多いかと思います。

2人の馴れ初めについては、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

高橋光臣
高橋光臣の嫁は宮下ともみで子供は2人!馴れ初めや子供の性別・年齢についても調査してみた! 多くのドラマや映画で活躍し、イケメン俳優として人気のある俳優の高橋光臣(たかはし みつおみ)さん。 そんな高橋光臣さんの嫁は、宮...

まとめ

高橋光臣さんが出演していたボウケンジャーについて、まとめました。

当時は俳優としての経験も少なく悩むことが多かった高橋光臣さん。

しかし、その後はオーディション参加して朝ドラに出演し、知名度が上がるように。

ボウケンジャーに出演したことは、多くの人に強い印象を与えたのではないでしょうか。

今後の活躍にも注目したいと思います。