蕨野友也は結婚していた!嫁は一般女性で出会いや馴れ初めは?子供がいるのかも調査!

2023年7月から放送の特撮ドラマ『ウルトラマンブレーザー』で主演に抜擢された、俳優の蕨野友也さん!

それと同時に、一般女性と結婚していたことが発表されました!

蕨野友也さんと結婚された一般女性とはどのような方なのでしょうか!?

そこで、蕨野友也さんと一般女性である奥さんとの出会いや馴れ初め、子供がいるのかについても調査してみました!

蕨野友也は結婚していた!

蕨野友也さんは、2023年4月21日に2023年7月から放送がスタートするウルトラマンの新シリーズ『ウルトラマンブレーザー』で、主演のヒルマゲント役を演じることを発表しました!

その発表と同じくして、自身のツイッターやインスタグラムで2022年に一般女性と結婚していたことも発表されました!

蕨野友也さんは『ウルトラマンブレーザー』に出演することへのコメントの他に、「私事で大変恐縮ではございますが、この度、長年お付き合いをしていた一般女性の方と昨年結婚いたしましたことを御報告いたします」と、直筆のメッセージで伝えています!

2022年に結婚していた蕨野友也さんですが、当時発表できなかったのはコロナウイルスで世界中が大変な時期だったために個人的なことを伝えるのは控えていたとのこと。

ですが、今回『ウルトラマンブレーザー』の主演に抜擢され、主人公のヒルマゲントが妻子持ちである設定だったことから発表に至ったそうです。

蕨野友也さんはお相手の一般女性について、「薩摩おごじょのように優しく、逞しい存在で、どんな時も私を支えてくれました。」と表現しています!

「薩摩おごじょ」はあまり見慣れない言葉なので、「『薩摩おごじょ』って何!?」と引っかかった人もいたのではないでしょうか。

「おこじょ」とは、鹿児島弁で「娘さん・お嬢さん」という意味だそうです。

「おこじょ」に「薩摩」がついた「薩摩おごじょ」は、「鹿児島の女性」を現します!

なので、お相手の一般女性は鹿児島県出身いうことでしょう!

「薩摩おごじょ」と聞くと 、一般的には優しくて芯があり、まっすぐな心を持った女性というイメージだそうです。

蕨野友也さんの奥さんは優しくて逞しい存在ということで、『薩摩おごじょ』と呼ばれるにふさわしい女性のようですね!

そんなお相手の一般女性について、気になる顔画像は公開されていませんでした。

一般女性ということで、公開は難しいですよね。

おそらくとてもキレイな薩摩おごじょなのでしょう!

蕨野友也と嫁の出会いや馴れ初めは?

蕨野友也さんは、「長年お付き合いをしていた一般女性の方と昨年結婚致しました」と発表しています。

その長年というのが、約10年間交際していたそうです!

また、私生活では10年交際していた一般女性と昨年結婚。主人公が家庭持ちであることから今回公表し、「ようやく恩返しができます」と喜ぶ。

引用:2023/04/21『サンスポ』

蕨野友也さんはデビュー17年目になるので、俳優になってから交際がスタートしたようですね。

蕨野友也さんは宮崎県都城市出身で、宮崎県立都城工業高等学校卒業後、上京して俳優デビューをしています。

お相手の一般女性は、「薩摩おごじょ」から鹿児島県出身の女性と思われるので、出身地は違えど同じ九州地方。

上京してから出会い、意気投合し交際に発展したのかもしれませんね。

ずっと蕨野友也さんを支えてこられたのではないでしょうか。

蕨野友也は子供がいるのかも調査!

引用:https://spice.eplus.jp/articles/79344

約10年のお付き合いを経て、2022年に結婚した蕨野友也さん!

蕨野友也さんの現在の年齢は35歳(2023年4月現在)ということで、結婚適齢期であり子供がいても全くおかしくはない年齢です。

なんなら、『ウルトラマンブレーザー』で演じる主人公・ヒルマゲントは、30歳にして7歳の息子を持つパパ!

ですが、現実では「奥さんが妊娠している」や「子供も誕生している」といった報道はないことから、子供はいないと思われます!

子供も誕生していたら、おそらく同じタイミングで発表しているでしょう。

今後の発表が待ち遠しいですね。

ちなみに、蕨野友也さんが結婚を発表するきっかけとなった『ウルトラマンブレーザー』に抜擢された経緯についてこちらの記事でまとめています!

合わせてどうぞ!

まとめ

以上、蕨野友也さんと一般女性である奥さんとの出会いや馴れ初め、子供がいるのかについても調査してみました!

蕨野友也さんは10年間の交際を経て、2022年に結婚していました!

一般女性である奥さんは、鹿児島県出身の女性だと思われます!

お子さんについては、今の時点ではまだいないようですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事