戦隊俳優

駒木根葵汰のデビューのきっかけはインスタだった!プロフィールや改名理由についても徹底調査!

駒木根葵汰さんのデビューのきっかけはインスタグラムだったということを知っていますか?

『機界戦隊ゼンカイジャー』で主役を演じて、全国の子どもたちと心とお母さんの心をわしづかみにしたイケメン俳優・駒木根葵汰(こまぎねきいた)さん。

実は芸名を改名しているんです。

この記事は駒木根葵汰さんのデビューのきっかけ・プロフィールを詳細にまとめました!

駒木根葵汰のデビューのきっかけはインスタ!

駒木根葵汰さんのデビューのきっかけはインスタグラムで「イケメン高校生」と話題になったことです。

駒木根の芸能界入りのきっかけは、Instagramだった。「高校に入学したとき、周りはSNSブームだったのですが、僕はまだSNSをやっていなくて。それで周りについていくために、Instagramを始めたんです」と振り返る。「その頃は、やり方も全くわかってなかったんです。それで、文化祭や体育祭で集合写真を撮った写真をあげていたら、いつの間にかたくさんの方に見ていただくようになったんです」という。結果、「イケメン高校生」と話題になり、それを見た現在所属する芸能事務所から、Instagramでメッセージをもらい、スカウトされた。

引用:シネマトゥデイ

インスタグラムのメッセージでスカウトを受けて、芸能事務所・ホリプロデジタルエンターテインメントという事務所に所属することになりました。

インスタグラムからスカウトされるだなんてことがあるのですね!

よっぽどイケメンだったのではないかということで、当時の画像を調べてみました。

イケメン高校生と話題になった頃の駒木根葵汰

駒木根葵汰さんが通っていた高校は茨城県立水戸農業高等学校です。

駒木根葵汰さんが高校時代に使っていたと思われるTwitterアカウントが『経済3年』というアカウントなので、農業経済学科に所属していたのではないかと考えられます。

左の集合写真ではTOMMY HILFIGERのティーシャツを着ている人物が、駒木根葵汰さんです。

右のプリクラ写真では後列の真ん中にいるのが駒木根葵汰さんですね!

これはイケメンと話題になるのもわかります。

身長が他の同級生より頭ひとつぶん高いことがわかる画像ですね。

駒木根葵汰さんの身長は178センチです。

足が長くてびっくりします!

なかよしでかわいい画像ですね。

駒木根葵汰さんは高校時代に部活はしていたのかを調べたのですが、それはわかりませんでした。

ですが駒木根葵汰さんは高校1年生のときに、新潟県空手道選手権大会で準優勝という成績を残していることがわかりました!

駒木根葵汰さんはアクションもこなせる俳優なのですが、その運動神経は空手で身につけたものなのかもしれませんね。

ちなみにこの新潟県空手道選手権大会で優勝しているのは駒木根葵汰さんのお姉さんだそうです!

また駒木根葵汰さんは高校3年生のときにYouTubeをはじめています。

駒木根葵汰さんは高校生のときに、インスタグラムからスカウトされて芸能事務所に所属しています。

なので、この動画のときには既に芸能界に入っているということになりますね。

このあと駒木根葵汰さんは大学などには進学せずに芸能界で仕事をはじめているので、この動画が駒木根葵汰さんの学生として最後の姿です。

駒木根葵汰のプロフィール

駒木根葵汰さんの高校時代は見てきましたが、こんなイケメンがどんな人生を歩んできたのかは気になるところです。

時系列順にプロフィールを見ていきましょう!

駒木根葵汰の基本プロフィール

駒木根葵汰さんは2000年1月30日生まれ。

茨城県出身です。

現在は俳優、モデル、タレントとして活躍。

2018年4月号の『Popteen第4回次世代イケメン総選挙』にノミネートされたのですが、5位という結果に終わっています。

しかしその後はメンズモデルとして『Popteen』に掲載されています。

2020年にホリプロデジタルエンターテインメントからホリプロへと転籍。

2021年に『機界戦隊ゼンカイジャー』で主役を演じ、2022年には『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』でも同じ役で引き続きスーパー戦隊シリーズのレギュラーとして出演しています。

特技は空手とバスケットボール。

趣味は映画鑑賞なのだそう。

YouTubeでは日常を配信する中で、料理ができるところも見せてくれていますよ!

2歳年上の姉と5歳年下の妹がおり、妹は女優の駒木根心㮈さんです。

駒木根葵汰さんは妹の駒木根心㮈さんを溺愛しており、シスコンを自称するほどだそうですよ!

小学生時代

駒木根葵汰さんは空手を12年間続けていたそうなので、小学生時代から空手をはじめています。

姉も妹も同じ空手道場似通っていたそうですよ。

幼い頃はよくケンカもしていたそうですが、仲のいいきょうだいのようです。

中学生時代

駒木根葵汰さんはひたちなか市立佐野中学校です。

駒木根葵汰さんは勉強があまり好きではなかったようで、遊んでばかりいたのだとか。

趣味がバスケットボールと公表しているので、バスケットボール部に所属していた可能性があります。

高校時代から現在まで

高校時代にインスタグラムでスカウトされた駒木根葵汰さんは、高校卒業後は上京。

大学などに進学はせず、芸能活動をスタートさせました。

2018年に恋愛リアリティーショー『太陽とオオカミくんには騙されない』に出演。

一気にその知名度を上げました。

モデルとしても活動し、『Popteen』や『FINE BOYS』などの雑誌に掲載。

2019年にはパピコや青木のCMにも出演していました。

この年に『ひまわりっ!~宮崎レジェンド~』でテレビドラマにデビュー!

そして2021年3月には『機界戦隊ゼンカイジャー』の主役に抜擢されました。

スーパー戦隊シリーズ45作目である今作は歴代スーパー戦隊から力を借りて戦う新しい世界観で注目を集めることに。

5人の仲間たちで戦うことが多かったスーパー戦隊シリーズですが、『機界戦隊ゼンカイジャー』は駒木根葵汰さんが演じる主役以外の4人はすべて「キカイノイド」という機械生命体という新しい試みがおこなわれました。

――駒木根さんご自身、もともと特撮ヒーローへの憧れはありましたか?

もちろん小さい頃から憧れていました。何かを守る姿がカッコいいじゃないですか。そもそも“ヒーロー”という響きがカッコいいですよね(笑)。周りの男の子たちもみんなヒーローごっこをしていましたし。

引用:ぴあニュース


駒木根葵汰さんは小さい頃からヒーローに憧れており、家族を守りたいという思いから空手を習いはじめたのだそうです。

『機界戦隊ゼンカイジャー』のオーディションは今までのオーディションとはまったく違うものだったのだとか。

――出演はオーディションで決まったんですよね。オーディションは緊張しましたか?

緊張はそんなにしていないですね。バチバチに決めていっても空回りしちゃうことが多かったから、自分を全部さらけ出そう!と自然体で挑みました。

そしたら、今まで受けてきたオーディションとは全く違ったんですよ。演技の審査はちょっとしかなくて、質疑応答ばかり。オーディションに行ったら「今日は演技やらなくていいんじゃない?」と言われて。演技覚えてきたのに!?と思いましたね。結局一回は演技やりましたけど(笑)。このオーディションは自分に合っているな~と感じました。

引用:ぴあニュース

好きな食べ物や好きな場所などをオーディションでは聞かれたそうで、「これで決められるのかな?」と思っていたそうです。

オーディションの合格発表も変わっており、マネージャーからドッキリという形で『機界戦隊ゼンカイジャー』の主演が決まったことを伝えられています。

こんな発表の仕方をされたらびっくりしちゃいますよね!

映像からも駒木根葵汰さんの喜びが感じられて、こっちまでにこにこしてしまいます。

合格を両親に伝えたところふたりとも泣いて喜んでくれたそうですよ。

こうして駒木根葵汰さんの俳優としての活躍がはじまったのです!

駒木根葵汰は改名していた!その理由は?

駒木根葵汰さんは、デビュー当時は「きいた」という名前で活動していました。

2020年で20歳になった年に『ホリプロデジタルエンターテインメント』から『ホリプロ』に転籍しています。

20歳になったことと『ホリプロ』に転籍したことをきっかけに、駒木根葵汰さんは今後の活動について考えたのだとか。

結果、俳優という仕事に真剣に取り組みたいという結論に至りました。

エンドロールに「きいた」とひらがな3文字が並ぶのはどうかと考え、大先輩達を見習ってフルネームを芸名にすることに決めたという決心を明かしています。

「親に名付けてもらった名前でこれから活動していく事を決めました。突然で驚いた方もいると思いますが、今まで以上に沢山の事に向き合い、皆様が喜んでいただける様、そして自分自身も誇れるように、日々精進して行きます。今後も応援宜しくお願い致します」と記している。

引用:modelpress編集部

駒木根葵汰さんの芸名は本名で、お母さんが考えた名前なのだそうです。

名前の由来はお母さんがパッと思い浮かんだ響きだったそうで、子どもの頃はよく名前を呼び間違えられて不満に思っていたこともあったそうですが、今は覚えてもらえやすい名前で大切に思っているということも語っていたことがあります。

まとめ

インスタグラムからスカウトされたという今風なデビューを果たした駒木根葵汰さん。

モデルから俳優へと活動の幅を広げ、これからは俳優業へと力を入れていくと語っていた駒木根葵汰さんが今後どのような活躍を見せてくれるのか注目です!